So-net無料ブログ作成
検索選択

防火地域の3階建てに木の板 [建築]

防火地域の3階建てでも木の外壁がつかえる認定の話。
専門的な話をすると外壁準耐火45分の認定を取得できた工法。

岐阜木材協同組合が研究・実験を重ねて
「火バリ」という名前で商品かしました
http://www.vivid-gifu.or.jp/index.html#HOME
無垢の杉・ヒノキの板で45分準耐火の外壁です。
厚さのある無垢の木材は表面が焦げてからなかなか燃えません。
その木材の性質をしっかり研究して3センチの板を
火が燃え抜けないように張り合わせ部分の加工をしています。

これに室内側石膏ボードを認定に内容通りにはります。
断熱材は無機質断熱材(グラスウールかロックウール)をつかって
45分準耐火の性能があると認定を取得しています。

この認定は杉・ヒノキの板材はこの認定の製材寸法を守れば
どこの産地で作った板でも問題なく外壁に使えます。

私の設計でも今後提案して使っていきたいです。

一級建築士事務所 匠拓:寺澤 秀忠
WEB: http://www.syotaku.jp/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

にほんブログ村 住まいブログへ