So-net無料ブログ作成
数寄屋門 ブログトップ

数寄屋門:庭から横を見る [数寄屋門]

ちょうど500件目の記事だと気がつきました。さて、区切りの500件目何にしようかなと思い。今の私にとても大事な作品「数寄屋門」にしようとおもいます。
07.jpeg
庭から門の横を眺めて、くぐりの向こうに待合いそして丸窓が見えます。くぐりの上側の半円が幾何学的なのは向こうの丸窓に合わせています。半円の重なりが数寄屋門に現代的なリズムを与えます。伝統のデザインと現代のデザインの融合です。

数寄屋門:裏側 [数寄屋門]

裏側から数寄屋門を眺めて、待合い部分に開けた丸窓と向こう側にくぐり、入って正面の庭の眺めは開放的に。壁を横に渡した丸太までで止めてあとは吹抜にする。化粧の屋根裏を壁で区切ることなく開放的に。落ち着きを大切に、しかし閉塞感が無い様に配慮した造りです。
RIMG2154.JPG

数寄屋門:庭の眺め [数寄屋門]

数寄屋門から庭の眺め
RIMG2112.jpg
正面(写真右側)は庭に向かって開放的にU字形のくぐり(火灯口)から玄関へ飛び石が続きます。
ゆったりとした屋根の落ち着いた空間から庭の明るさが映え樹木が更に美しく目に鮮やかです。

しょうたく: http://www.syotaku.jp/

数寄屋門 [数寄屋門]

数寄屋門裏側:面皮檜丸太の木組み、化粧軒裏の天井、ゆったりした屋根、落ち着いた空間
門を入り亭主・家人の出迎えを待つ待合いのある設え
RIMG2117.JPG

しょうたく: http://www.syotaku.jp/

数寄屋門 [数寄屋門]

数寄屋門正面:面皮檜、じゅらく壁、コケラ葺き
茶室があるお屋敷に造った数寄屋門。ゆったりとした大屋根が客人を迎える設え。
優雅に繊細に、きめ細かい持てなしの心が伝わるように。2005年の作品
RIMG2100s2.jpg
数寄屋門 ブログトップ
にほんブログ村 住まいブログへ